商標、その他知的財産、収益改善の悩みにお応えします

『堂島ロール』の歩みを知れば、『商標』がいかに強力か分かるだろう

update

シェア ツイート


『堂島ロール』の勝訴に見る、商標登録の強さ 鈴木えりな 『2018年4月17日の朝日新聞のネット記事で、”堂島ロール”を販売する企業が、”堂島プレミアムロール”を販売する企業を相手取って行った商標権侵害に関す...

『堂島ロール』の勝訴に見る、商標登録の強さ

鈴木えりな
2018年4月17日の朝日新聞のネット記事で、”堂島ロール”を販売する企業が、”堂島プレミアムロール”を販売する企業を相手取って行った商標権侵害に関する裁判で、”堂島ロール”側の言い分を認める地裁判決が出されたとありました※1

 

たむきょん弁理士
地裁判決の要点は、どういうものでしょうか?』

”堂島ロール”地裁判決の要点

鈴木えりな
『(1)”堂島プレミアム”側の”模倣行為”を認定
(2)”堂島ロール”側は1億円の損害賠償を求めましたが、地裁判決では、”堂島プレミアム”に対して、約3400万円の損害賠償の支払いが命じられ、
(3)”堂島プレミアム”はロゴや商品名の使用差し止めが命じられました
(4)”堂島プレミアムロール”は、消費者に”高品質な堂島ロール”という印象を与えるという指摘がされました』

”堂島ロール”登録商標の特徴

『さっそく、”堂島ロール”側が、どういう登録商標に基づいて、商標権の侵害だと訴えたのか、調べてみました。以下です。』

「堂島ロール」登録商標

鈴木えりな
『あれ・・?確かに、”標準文字”ではなく”ロゴ”化はされていますが、そこまで特別なフォントや装飾でも無いですよね。』

たむきょん弁理士
『その通り!!私も調べてみて、すぐにまずはそう感じました。大阪に”堂島”という地名が実在するようなので、もし、ロゴ化による識別力の獲得が不十分だとしたら・・”堂島で販売または製造するロールケーキ”という意味を名称化したに過ぎないから、おそらく、商標登録の審査では、”識別力なし”という拒絶理由が出されただろうと思います。』

鈴木えりな
『本当だ・・以下がJ-Plat-Patで検索した結果ですが、やはり商標法3条1項(識別力)で拒絶理由が来ていますね。』

堂島ロール出願への拒絶理由

たむきょん弁理士
『詳しく特許庁のデータを取り寄せることまではしていませんが、その後、”堂島ロールは、著名だから、識別力があるんです”という反論で、登録を得ていると思われます(法3条2項)

鈴木えりな
『確かに。。上記の朝日新聞の記事によると堂島ロールは、2006年頃からTVや雑誌に取り上げられ、全国で有名になったとありますが、堂島ロール商標の出願自体は2009年だから、もう著名な名称になっていることは間違いないですね。』

たむきょん弁理士
『この”堂島ロール”について調べれば調べるほど、色々な事情が見えてきたんだよ。』

”堂島ロール”の見えざる過去

たむきょん弁理士
『何名かの記事を総合して理解したため、ガセネタではないと思いますが、以下のような経緯をたどったそうです。
(1)まず堂島のホテルのシェフが考案したロールケーキだった。
(2)その厨房で働いていた従業員が堂島で独立して、近いレシピで”堂島ロール”を開発。
(3)その独立後のカフェ名は、もともと働いていたホテルのカフェ名。
(4)そのカフェ名の使用について、ホテル側が訴えるも敗訴した。
(5)その後、今の企業名である”モンシェール”に店名を改名。
(6)”モンシェール”が”堂島ロール”を商標登録したため、元祖のレシピ考案者ですら、”堂島ロール”の名称を使えなくなる。
(7)その後、有名になった”堂島ロール”にあやかった商品が誕生し、”堂島プレミアムロール”もその1つと考えられる。』

鈴木えりな
『私はてっきり”元祖”が”モンシェール”の堂島ロールだと思っていましたが、実は”堂島ロール”も、最初は元祖のホテルレシピのパクリから始まったと言っても過言ではないんですね・・』

今回のニュースが教えてくれた『商標』の強さ

たむきょん弁理士
『事実であればね。”モンシェール”は、”堂島ロール”について、いくつも登録商標を持っていると想像していましたが、たった1つなんです。つまり、”モンシェール”は、たった1つ、”堂島ロール”という商標登録を得たことによって、元祖のホテルシェフにも、そして後発の類似品にも、”堂島ロール”に近い名称を付けさせることを阻止できているんだよね。』

鈴木えりな
『商標ってそんなに強い権利なんですか?』

たむきょん弁理士
『”特許権”が強い権利という印象はあると思うけど、”商標”も実は同じぐらい強いんです。”自身の使用を独占して、他人の使用を排他できる”、独占排他権、と呼びます。』

鈴木えりな
『なんか、”堂島ロール”勝って良かった~、とニュースを見て思いましたが、複雑な話なんですね・・』

たむきょん弁理士
『もちろん、”モンシェール”は”堂島ロール”を自社の登録商標にするために、特許庁に何度も掛け合い、相当な努力をしているようです。だから、その努力が報われて、今のブランド力の維持がある、ということなんだと思います。ただし・・・

鈴木えりな
ただし・・何ですか?』

たむきょん弁理士
『私から見ると、、”堂島ロール”と”堂島プレミアムロール”果たして、類似かどうか…。消費者は本当に混同するでしょうかね。地裁段階ですからね。今後の展開がまだまだ気になりますね』

堂島プレミアムロールの包装

※1…ニュースから1週間経ちますが、ほとんどの大手新聞で、この内容のニュース記事が削除されています。おそらく、いずれか一方が、地裁判決を不服として何かしらの動きを取っているのではないでしょうか。詳しくは不明。朝日新聞のリンク先記事も削除されてしまう可能性があります。ご了承ください。
※…堂島プレミアムロールの包装の画像は、「ROSA LABO」より引用

※ブログ監修の田村(弁理士)は、商標・著作権・不正競争防止法など、知的財産に関する小さな問題点でも相談に乗っておりますので、お気軽にこちらの当所サイトを覗いてください。

※当所の、商標サービスサイト⇒こちら

end

記事をお読みくださり、ありがとうございます。

商標・その他知的財産の面、もしくは収益改善や組織作り等の面で、ご相談いただけることがありましたら、是非お気軽に、こちらからお問い合わせください。近日中にご返信いたします。

みぎのうで株式会社/みぎのうで知財事務所

シェア ツイート