商標、その他知的財産、収益改善の悩みにお応えします

特許と商標のどちらを取ったほうがいい?

update

シェア ツイート


鈴木えりな 『友達が経営者向けゲームを作ったんです。そのゲームの特許を取りたいと言っているんですが。』 たむきょん弁理士 『どんなゲームなの?』 鈴木えりな 『ボードゲームで、会社設立から上場を目指すゲームなんですが、会...

鈴木えりな
友達が経営者向けゲームを作ったんです。そのゲームの特許を取りたいと言っているんですが。

たむきょん弁理士
『どんなゲームなの?』

鈴木えりな
ボードゲームで、会社設立から上場を目指すゲームなんですが、会社版の人生ゲームみたいなイメージだそうです。ゲーム名は”目指せ上場ゲーム”です。

たむきょん弁理士
『お友達に、特許と商標それぞれの制度を、丁寧に伝えてあげるといいかもしれないね。』

鈴木えりな
『え?どういうことですか?このゲーム、特許を取るのは難しいですか?

たむきょん弁理士
『結論から言うと、おそらくは、難しいと思います。』

鈴木えりな
どんなに面白いゲームでも、特許には出来ないんでしょうか?

たむきょん弁理士
そんなことないよ!例えば、スマートフォンを横に持って、その上下左右の動きで、カーレースゲームを出来るようにした、などのゲームプログラムなら、先駆けのゲームはきっと、特許取得しているんじゃないかな。”特許”を取るためには、それが”発明”でなければいけないんだけど、”発明”の定義って、こういうことなんだよね。

 

”自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの”。』

鈴木えりな
『ちょっと難しいですね・・えっと、会社を上場させるゲーム、だと、”自然法則を利用した”とは言えず、どちらかと言うと経済の摂理をゲームにしている、ということなんでしょうかね。』

たむきょん弁理士
その通りです。ゲームで、特許を取りたかったら、例えば、以下のような特徴について、特許を目指すといいかもしれません

A ボード上のルーレットを回すと、自動で、ゲームボード上に、意味のある変化が起こる作りである(機構上の技術的な特徴)

B そのボードゲームがスマホアプリと連動していて、アプリに情報を蓄積すると、ある学習をして、ユーザーに有意義な提案をしてくれる(プログラム上の技術的な特徴)

C ボードゲームが、電源へ繋げるようになっていて、電気の力でユーザーのコマに、これまでにないユニークな動きをさせることができる(電気上の技術的な特徴)

鈴木えりな

『ありがとうございます。伝えてみます!
ところで、知的財産の取得は、こちらの友達は、諦めたほうがいいでしょうか?

たむきょん弁理士
『言い忘れるところでした。もし、上記AからCのような”技術的な独創性”を見出すのが難しければ、そのネーミングを商標取得してしまう、という知的財産の活用方法もあります。』

 

鈴木えりな
でも・・商標を取っても、さすがに、このゲームの独占は出来ないでしょう・・?

たむきょん弁理士
『僕は、特許のほうがよほど、権利の強さは限定的だと思いますよ!むしろ、商標のほうが、権利が強い場合もあります。

鈴木えりな
『・・と言うと?』

たむきょん弁理士
『例えば、上記の”B”の、ボードゲームとアプリの連動、そしてアプリ側での学習機能による、ユーザーへの有意義な提案、で特許を取れたとするよね。しかし、例えば別の企業が、ゲームが売れているのを知り、次にこの特許の公開情報を見て、”それなら、学習機能の特徴で、異なる特徴を設けて、類似ゲームを、販売してしまおう”と考えた場合、特許の権利範囲と少しでも外れていれば、それは、”特許侵害には当たらない”可能性が高いと言えます。』

鈴木えりな
『なるほど・・・じゃあ、商標は?』

たむきょん弁理士
この場合、お友達は”目指せ上場ゲーム”での商標取得を目指すとするよね。前回のブログで話した、”識別力”がクリアできるとして、もし、この名称で商標を取れたら、もう、類似する名称では、他人は、商標を取れませんし、その名称を使えないことになります。もし、類似ゲーム名で、別の企業が販売開始していたら・・”商標権侵害だ!”と警告できると言えます。

鈴木えりな
『おぉ。最後に、費用面はどんな差があるんですか?』

たむきょん弁理士
特許のほうは、申請時点で、だいたい30~40万円。
一方、商標のほうは、申請時点で、3.5~10万円(3.5万円は当所の場合です)。
そして、特許は、”審査してください”ということを、更に申請しなければならなくて、だいたい15万円かかります。
最後に、登録までには、特許10~20万円程度、
商標は、3.5~10万円(3.5万円は当所の場合) です。』

鈴木えりな
『友達に伝えてみます!』

 

 

 

※ブログ監修の田村(弁理士)は、商標・著作権・不正競争防止法など、知的財産に関する小さな問題点でも相談に乗っておりますので、お気軽にこちらへご連絡ください。

※当所の、商標サービスサイト⇒こちら

end

記事をお読みくださり、ありがとうございます。

商標・その他知的財産の面、もしくは収益改善や組織作り等の面で、ご相談いただけることがありましたら、是非お気軽に、こちらからお問い合わせください。近日中にご返信いたします。

みぎのうで株式会社/みぎのうで知財事務所

シェア ツイート