商標、知的財産、収益改善、人間関係の悩みにお応えします

どうして人は、大切な人たち「以外」のことで悩んでしまうのか

update

シェア ツイート


こんばんは。 人間関係メンター(cherish you mentor)であり、弁理士・経営コンサルタントでもある、田村(たむきょん)です(プロフィールはこちら)。 今夜はとても大切な近所の友達一家が遊びに来てくれました。...

こんばんは。

人間関係メンター(cherish you mentor)であり、弁理士・経営コンサルタントでもある、田村(たむきょん)です(プロフィールはこちら)。

今夜はとても大切な近所の友達一家が遊びに来てくれました。

 

今回は、人付き合いの「20:80の法則」について、記事にいたします。

 

本当に大切な人は、誰ですか?

あなたにとって、本当に大切な人は誰ですか?

「〇〇仲間」と漠然と括らずに、1人1人、具体的なお名前で、とにかく絞って、考えてみてください。




私にとっては・・・

一番最初に思い出されるのは、妻と、2人の息子です。

次に、両親や兄、妹、義兄。

その次に、ほんの数人の親友と呼べる友達です。

 

多くの場合、大切な人「以外」の人との人間関係に悩みませんか。

例えば、奥様との関係やお子さんとの関係に、真剣に日々悩んでいる、という御方は、とても健全で、それは、無駄なことではなく、素晴らしいことだと存じます。

しかし、多くの場合、あなたにとって「大切な人」というのは、「信頼関係が築かれている」ケースが多く、意志疎通のミゾが生まれにくいのではないでしょうか。

一方、

  • 会話がかみ合わない。嫌な思いをした

  • わざわざ、傷つくような言葉を言われた

  • 人間否定のようなことを言われた

  • 態度が気に入らない

このように人間関係で嫌な思いをする相手は、たいてい、

「信頼関係が不十分な、知人や親族」

ではないでしょうか。

原因は様々ですよね。

例えば、「親友が発した言葉なら受け流せるのに、それ以外の知人が発した言葉は真面目に受け捉えてしまう」というあなた側の原因もあるかもしれません。

また、「相手が、実は、あなたとの距離を試していて、少し踏み込んだ一言を発している」可能性もありますね。

ここでは、原因は、いったん頭から離しましょう。

注目していただきたいのは、あなたが、

「大切な人”以外”のことで、こんなにも、苦しんでいる」

という点です。

ご家族との関係で悩んでいるかたには、あてはまりませんが、私が仕事上でお話を伺う様々なかたに共通して、

『本当に大切な人が80%で、それ以外の知人などが20%。

あなたも私も、そのたった20%の人との人間関係が、

全ての悩みの80%を占めている』

という現象が、見受けられます。

私も例外ではありません。

私は経営コンサルタントも仕事にしており、これを「トレースの法則」と呼ぶそうですが、人間関係においても同じ現象が起きていませんか。

 

さて。

 

ここまで読んでくださった、多くの方々は、「じゃあ、どうしたらいいの?」という点は、すでに答えが、ご自身の中で見えていることと想像します(*’-‘*)

そうですね。

「それ以外」の20%の人と、何が原因で悩んでいるか、など、これ以上深く考える必要はありません。

答えを探す必要もないんです。

(20%の「それ以外」の人との悩みを解決すれば、80%の悩みは解決される、と誤解なさらないでください。
それは、ずっと、その20%の対象者が変わっていくだけで、永遠に、悩みが尽きないことになってしまいます。)

あなたが、本当に大切だと思う、80%の方々への愛情だけで、毎日を埋め尽くしていきましょう。

間違いなく、人生が豊かになると思います。

今回は、「人付き合い20:80の法則」と名付けましょうか☆

 

 

 

以上です。

人間関係メンターへのご相談に興味あるかたは、お気軽にこちらのページから、ご連絡くださいね^^

(拠点は、東京都日野市・八王子市・立川市・多摩市。全国ご対応可能です)

記事をお読みくださり、ありがとうございます。

商標・知的財産、収益改善・組織作り、人間関係、これらで、ご相談いただけることがありましたら、是非お気軽に、こちらからお問い合わせください。近日中にご返信いたします。

みぎのうで株式会社/みぎのうで知財事務所

シェア ツイート