商標、その他知的財産、収益改善の悩みにお応えします

モンスターボール型の充電器は何が問題だったのか

update

シェア ツイート


(画像は、Amazonより引用。2016年12月26日時点のページのため、その後、削除される可能性が高い)
一昨日のネットニュースで、(株)ポケモンが、自社の知的財産権の侵害の横行について、警笛を鳴らしていることが取り上げられましたね!
ポケモンの代表的なアイテム「モンスターボール」。私から見ると、このモンスターボールが、要はポケモンの「象徴」と言っても過言じゃないです。
この「モンスターボール」だけで、十分、ポケモンのブランド力に乗っかれる・・そう目を付ける業者が居ても、不思議じゃありません・・。
やっぱり案の定、無許諾で、このモンスターボールを模様とする商品を販売する業者が多く現れているみたいです。
そこで、このモンスターボールの”著作権”などの知的財産権を所有する、㈱ポケモンが、プレスリリースという形で、このような模倣品に注意をするよう、消費者に呼びかけたようです。
何となく、感覚的には、これらの模倣業者が悪い、というのは理解できる気はするんですが・・・具体的にはどういう点がNGなんでしょうか。弁理士の先生に聞いてみたいと思います!
——————–
鈴木えりな
『先生はポケモンのモンスターボールってご存知ですか?』

たむきょん先生
『そりゃ、ポケモンGOの話題を聞かない日はない、というぐらい、一時期、世間を騒がせたからね。僕も一応、アプリをダウンロードして、ちょっとやってみたよ。』

鈴木えりな
『へ~、意外(笑)ところで、あのモンスターボール型のスマホバッテリーがあるのはご存知でしたか?』

たむきょん先生
『え?!う~ん。見た目はキャッチーだけど、テーブルで自立しそうもないし、内部に四角い部品を収めてもスペースの効率もよくないし、、技術的にイケてるのかね・・』

鈴木えりな
『先生!そういう発明的な視点で見るのは、今回は止めてください汗』

たむきょん先生
『あ、そっかそっか汗 デザインとしては、、まぁ悪くないんじゃないかな?だって、あれをスマホに繋げて充電してる友達とか居たら、多くのポケモンファンは、ツッコミたくなるもんね。話題提供になるよね。』

鈴木えりな
『そうですね。私も、ニュースで知って、ちょこっと、安かったら買ってみたくなりましたもん。それでね、そのモンスターボール型のスマホバッテリーを、ポケモン社ではない、全く関係ない所が模倣的に販売しちゃったみたいで、ポケモン社が、消費者に注意喚起を促して、それがニュースになったんですよ』

たむきょん先生
『なるほど~。そのニュースは詳しくはまだ見てないけど、その模倣業者らは、完全NGだね』

鈴木えりな
『やっぱり先生もそう思うんですね。なんか、そこまで特徴的でもないモンスターボール型、形だってただの球なわけですし、そこまで悪いことなように思えないんですが、業者らは、どの辺がまずかったのか、もうちょっと分かりやすく、教えてもらえませんか?』

たむきょん先生
『OK。その前に、いくつか調べてもいいかな?例えば、モンスターボールって、登録商標なのかな、とか、実際、模倣業者はどんな風に通販してるのかな、とか』

(調査すること5分・・)

たむきょん先生
『まず、えりなさんが、ポケモン社の社長だってことにしようよね。ポケモン社の社長に完全に感情移入すれば、今回の問題のほとんどの答えが見えてくると思うよ』

鈴木えりな
『分かりました。一応、、、イケメン社長なのか、ぐらいはネット検索してもいいですか・・?』

たむきょん先生
『・・・どうぞ(苦笑)』

(検索すること1分・・・)

鈴木えりな
『あら、もっと全然若い人を想像してたら、けっこうダンディーな!すみません、お待たせしました』

たむきょん先生
『(笑)
えっと、まず、自社の看板商品で看板ブランドであるポケモンの、象徴の1つとも言えるモンスターボール。これは、著作物だと思いますか?』

鈴木えりな
『当たり前じゃないですか!白と赤とで半球ずつを構成し、その境目を黒い太線でかたどって。こんな単純な模様でも、きっと生まれたときは、開発者ら何人もで、喧々諤々の議論があったと思うんですよ!そう考えたら、立派な著作物です!』

たむきょん先生
『ふふ、さっきは、”ただの球でしょ”ぐらい言ってたけど、やっぱり自分の生んだものだと想像すると、立派な著作物だと思えるでしょ?(笑)そういうもんだよね』

鈴木えりな
『あ、、お恥ずかしい・・・。』

たむきょん先生
『じゃあ、次の質問ね。全くの他人が、モンスターボールを模倣したスマホバッテリーを売り出してるとしたら、それって売れるかな?』

鈴木えりな
『そりゃ、売れますよ!バカ高かったら、どうか分かりませんが、だって、ポケモンって今年特にものすごく話題ですし、モンスターボール型って、可愛いですし、目に入ったら、欲しくなっちゃいますよ』

たむきょん先生
『そうだよね。売ってる業者には、ほぼ確実に、”ポケモン人気にあやかろう”という狙いがあったと容易に想像できるよね』

鈴木えりな
『はい!絶対に、そうです。デザイン性や機能性だけだったら、やっぱり球型だと自立しないですし、在庫としても場所取りますし、完全にポケモン人気泥棒が目的です!』

たむきょん先生
『次に、調べたところ”充電器”という商品分野で、任天堂が”モンスターボール”の名称を、商標取得してたよ。(おそらく、ポケモン社は、任天堂から、この商標の使用の独占ライセンスを得てるんだろうね)
あと、Amazonで調べたところ、模倣業者は、わざわざ商品名に、”モンスターボール モバイルバッテリー”という言葉を入れてたよ。この辺りは商標女子のえりなさんは勘づく所があるんじゃない?(笑)』

鈴木えりな
『お任せください(笑)その模倣業者の行為は、、、商標権侵害です!!よね?!』

たむきょん先生
『正解。ここまでで、まず、創作者が”著作物”だと主張する形状を模倣した商品を販売しているから、”著作権侵害”と言えて、更に、商品名に、他者の保有する登録商標を使用してしまっているから、”商標権侵害”とも言えるよね。感情的に何となく模倣が許せない、というだけではなく、冷静に、法的に判断をしても、著作権と商標権の侵害なんだよね』

鈴木えりな
『そっか、そう考えると、言い逃れしようとしても、完全に法律上で、知的財産権の侵害に当たってしまうわけだから、やっぱりこういう悪事はちゃんと対処されるわけですね。私がポケモン社の社長なら、絶対に止めさせたいですもん』

たむきょん先生
『じゃあ、もう1つ、違う観点から質問ね。この模倣業者の販売するモンスターボール型のバッテリーが高性能なのと、粗悪品なのとだと、どちらが嬉しい?』

鈴木えりな
『え・・・高性能で、やたら売れまくっていたら、それはそれでムカつきますけど、それでも、ポケモン社の名が汚れることは防げるので、、やっぱり粗悪品だとまずいと思います。だって、次に、ポケモン社で、本当にバッテリーを販売しようと計画していたら、モンスターボール型バッテリー=粗悪品、みたいなレッテルが貼られてたら、ポケモン社にとっても大きな損失ですもん』

たむきょん先生
『正解!そうだよね。Amazonでね、この模倣業者のバッテリーに対する購入者レビューを何件か読んでみたんだけど、”商品が届いたら壊れてた”、とか”説明書も付いてなかった”とか、”明らかに海外で全て作られている”とか、粗悪品であるというレビューがとても多かったんだよ。他人の商標を使って、”粗悪品”を売る。これも、”商標権侵害”だと提訴・告訴等される火種になりやすい行為だね。』

鈴木えりな
『よく分かりました~。とりあえず、モンスターボール型バッテリー、なんだか魅力的ですけど、ポケモン社が正規に販売するまでは、、探すの止めます。』

end

記事をお読みくださり、ありがとうございます。

商標・その他知的財産の面、もしくは収益改善や組織作り等の面で、ご相談いただけることがありましたら、是非お気軽に、こちらからお問い合わせください。近日中にご返信いたします。

みぎのうで株式会社/みぎのうで知財事務所

シェア ツイート